SONYがプロ仕様の高級イヤホン「IER-M7」「IER-M9」を発売。両者の仕様を比較してみました。

SONYがプロ仕様の高級イヤホン「IER-M7」「IER-M9」を発売。両者の仕様を比較してみました。

SONY IER-M7

発売日:2018年10月 6日

満を持して登場したSONYの最新イヤホン。

プロの音響スタッフがステージで使用できるレベルの、スタジオモニター向けの高品質イヤホンとなっています。

もちろん普段使いの高音質イヤホンとしても使用できます。ハイレゾ音源にも対応。

音質は同じくSONYの高級ヘッドホン、MDR-Z1Rに近いレベルの音質であるとの口コミも。しかもこちらはヘッドホンではなくインナーイヤホンですからね。

付属品が充実しているのもうれしいところ。イヤーピースは13種類が付属しているので自分により合ったものを選ぶことができます。

 

SONY IER-M9

発売日:2018年10月 6日

IER-M7と合わせて更なる上位機種、IER-M9も発売されています。

IER-M7との違いは音質の決め手となるバランスド・アーマチュア・ドライバーがIER-M7より1つ多い5基搭載されていること。

 

「IER-M7」「IER-M9」の仕様比較

公開されている仕様情報をもとに「IER-M7」「IER-M9」の仕様比較表を作ってみました。

IER-M7 IER-M9
型式 密閉クワッド・バランスド・アーマチュア 密閉ペンタ・バランスド・アーマチュア
ドライバーユニット クワッド・バランスド・アーマチュア ペンタ・バランスド・アーマチュア
感度 103dB/mW 103dB/mW
再生周波数帯域 5Hz-40,000Hz 5Hz- 40,000Hz
インピーダンス 24Ω (1kHzにて) 20Ω(1kHzにて)
最大入力 100mW (IEC) 100mW(IEC)
コード長 ヘッドホンケーブル(約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、金メッキL型ステレオミニプラグ)、バランス接続ヘッドホンケーブル(約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、金メッキL型バランス標準プラグ) ヘッドホンケーブル(約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、非磁性体金メッキL型ステレオミニプラグ)、バランス接続ヘッドホンケーブル(約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、非磁性体金メッキL型バランス標準プラグ
コードタイプ Y型 Y型
入力プラグ 金メッキL型ステレオミニプラグ、金メッキL型バランス標準プラグ 非磁性体金メッキL型ステレオミニプラグ、非磁性体金メッキL型バランス標準プラグ
質量 

※コードは含まない

約9g 約11g
ソニーストアでの購入価格

(2018年10月8日現在)

74,880 円+税 129,880 円+税

差となって浮き出ている部分は赤字としています。

クワッドとペンタの違いはドライバ―ユニットが4基5基かの違いですね。

プラグ類の素材に金メッキ非磁性体金メッキかの違いがあります。非磁性体の場合は通常の磁性体メッキのプラグに比べて電流の流れを阻害しにくいため、よりクリアな音質を実現されるとのこと。

質量についてもドライバが1基増えたからでしょう、2グラムの差が出ています。

やはり、一番の違いは価格でしょうか。2倍近くの差がでています。

こちらはお財布事情との相談ですね 笑

オーディオカテゴリの最新記事