Thom Yorke(トム・ヨーク)が手掛けたサウンドトラック、『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film) 』が発売

Thom Yorke(トム・ヨーク)が手掛けたサウンドトラック、『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film) 』が発売

イギリスのバンド、Radioheadのフロントマンとして知られるThom Yorke(トム・ヨーク)によるLuca Guadagnino監督の映画作品のサウンドトラック、『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film) 』がついに発売となりました。

Thom Yorke(トム・ヨーク)が新作ソロアルバム「Suspiria」を発表。あわせてリードトラックを公開。

Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film) [解説・歌詞対訳 / 高音質UHQCD仕様 / 2CD / 国内盤] (XL936CDJP)
Thom Yorke トム・ヨーク
BEAT RECORDS / XL Recordings (2018-10-26)
売り上げランキング: 183

 

Radiohead的なアレンジの楽曲もありますが、「Suspirium」、「Unmade」など、純粋に美しい曲も多く、今までRadioheadの曲にアンテナがヒットしていなかった方々にも楽しめる作品となっています。
(Radioheadとしてアレンジしてたらどうなったんだってのもファンとしては気になりますが 笑)

 

また、トム・ヨークは既に次の新作ソロアルバムの制作に着手しているようです。

プロデューサーは『OK Computer』等でもタッグを組んできたNigel Godrich(ナイジェル・ゴッドリッチ)

エレクトロニックな曲風は踏襲しているが、今までの作品とは毛色の違うものとなっていると発言しており、トム・ヨークが新たに作り出す世界が非常に気になります。

 

まずは本作が映画「Suspiria」の中でどのように輝くのかが楽しみですね。

「Suspiria」は海外では11月2日に公開、日本での公開は2019年1月予定となっています。

先日のヴェネチア国際映画祭で公開された際にはその衝撃的な内容故にスタンディングオベーションとブーイングが入り混じる異様な雰囲気となったとのことです。

世界的な話題作となることは間違いなさそうですね。

オルタナカテゴリの最新記事