名バリスタ田口護氏監修の全自動コーヒーメーカー、ツインバード CM-D457B

名バリスタ田口護氏監修の全自動コーヒーメーカー、ツインバード CM-D457B

多くのヒット家電を世に出しているツインバード工業から、全自動のコーヒーメーカー「CM-D457B」が登場しました。

ツインバード 全自動コーヒーメーカー ブラックTWINBIRD CM-D457B
ツインバード
売り上げランキング: 90,909

名バリスタ・田口護氏が監修

東京・南千住にある名店「カフェ・バッハ」の店主田口護氏が監修を担当しています。

Cafe Bach

関連ランキング:コーヒー専門店 | 南千住駅三ノ輪駅三ノ輪橋駅

 

この「カフェ・バッハ」、1968年創業の老舗店であるとともに、本記事執筆時点で食べログ評価3.6という人気店でもあります。

美味しいコーヒーに加え、スイーツやパンも楽しめます。

また、田口さんはコーヒーやカフェ経営関係の書籍も執筆していますので、コーヒーについて学びたい人はぜひ書籍も読んでみてください。

田口護の珈琲大全

田口護の珈琲大全

posted with amazlet at 18.10.28
田口 護
NHK出版
売り上げランキング: 51,137
カフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくる
田口 護
旭屋出版
売り上げランキング: 60,254

 

低速の臼式ミルを搭載、三段階の粒度設定が可能

この「CM-D457B」ではコーヒー豆をミルにセットし、ペーパーと水をセットするだけでコーヒーができあがる全自動式となっています。

豆を挽いて、フィルターに移して、といった手間が削減できるため、非常にお手軽にコーヒーが楽しめます。

コーヒー豆を挽いてくれるミルの部分では、コーヒーの雑味につながる挽き目の差を極力なくすよう工夫されています。

 

また、挽き目は「粗挽き、中挽き、細挽き」の三段階で調節できるため、自分の好みに合った風味のコーヒーを楽しめます。

(一般的に挽き目は粗いほど酸味が強く、細かいほど苦味がでるとされています。自分の好みやコーヒー豆の特徴に合わせて挽き目を変えてみると楽しいですよ。)

 

コーヒーの抽出温度は2段階から選択可能

コーヒーを抽出する際の温度もコーヒーの味を左右する非常に重要な要素とされています。

本機では監修の田口護氏が推奨する83℃と90℃から選択できます。

自分の好みやコーヒー豆の特徴に合わせて変えてみるとよいでしょう。

 

製品仕様

最後に製品仕様です。

品番 CM-D457B
JAN 4975058445713
ブラック
本体サイズ 約 160mm(幅)× 335mm(奥行き)× 360mm(高さ)
重量 約4.1kg
電源 AC100V 50 – 60 Hz
消費電力 610W
最大容量 450ml(3カップ)
コード長 約1.4m
セット内容 計量カップ、お手入れブラシ、ペーパーフィルター(5枚)、取扱説明書(保証書付)、ガイドブック

 

ツインバード 全自動コーヒーメーカー ブラックTWINBIRD CM-D457B
ツインバード
売り上げランキング: 92,425

家電カテゴリの最新記事