PoppyとGrimesがコラボしたヘヴィ・ロックと激ポップのミックス曲「Play Destroy」。最新アルバム『Am I A Girl?』に収録。

PoppyとGrimesがコラボしたヘヴィ・ロックと激ポップのミックス曲「Play Destroy」。最新アルバム『Am I A Girl?』に収録。

異次元的なポップアーティストPoppyの最新アルバム『Play Destroy』から、Grimesとのコラボ曲である「Play Destroy」をご紹介。

Poppyといえばテクノ・サウンドをキュートにアレンジした楽曲が特徴であり、一方のGrimesも「REALiTi」に代表されるようにテクノポップ系のアーティスト。

しかし、その二人のコラボ曲同系統のものとなるかと思いきや、イントロから聴こえてくるのはディストーションたっぷりのヘヴィなギターサウンド。

まさに度肝を抜かれましたが、サビの部分で一気に80年代激ポップ的な世界へとぶっ飛び、結局Poppyらしくキュートで、かつ実験的な曲となっています。

アルバム内で「Play Destroy」に続く曲である「X」も同様のアレンジの曲となっており、彼女のマイブーム的な展開なのかもしれません。Poppyの前作となるアルバム『Poppy.Computer』はキュート路線のテクノポップ一辺倒でしたから、今作ではアレンジの幅が広がっていると感じます。

テクノポップ好きな方はぜひ聴いてみてくださいね。

テクノカテゴリの最新記事