【サマソニ2018】St. Vincent(セイント・ヴィンセント)-Apple Music漂流記

【サマソニ2018】St. Vincent(セイント・ヴィンセント)-Apple Music漂流記

Digital Witness – St. Vincent


最近お気に入りの女性アーティストです!!

たまたまApple Musicのおすすめプレイリストで発見し、

ここ数日のフェイバリットとなっています。

 

「やべぇ、久しぶりにすげぇのが出てきたぞ!!」

と泡を吹きながら感動していましたが、

既に10年以上キャリア積んでて、グラミーなんかもとってる大物だったのですね。。。

 

高校時代からオルタナ好きを自負しておりましたが

「オルタナなんて90年代で死んだだろ?」

なんて懐古厨ぶって、

最近の音楽シーンに対してアンテナを張っていなかったのが悔やまれます。

まだまだにわかですので、知ってる曲の方が少ない状態ですが、

とりあえず自分のフィルターにかかったのは冒頭にある「Digital Witness」。

 

なんかBeckの「Mixed Bizness」を初めて聴いたときの感覚に似ています。


Mixed Bizness – Beck

Beckではポップ路線、Bjorkも最初の2枚が好きという自分には

こういう系統は嬉しいですね!!

こうやってついつい他のアーティストの名前を出してしまいますが、

このSt. Vincentというアーティストは充分に個が立っていると思います。

 

ビジュアルにも強い思いがあるらしく、ライブにて

ハイレグアーマー?的な衣装を纏ってギターを弾いている姿は

まるでサイバーパンク映画に出てくるアンドロイドみたいでした 笑

Youtubeで見れるので気になる人はどうぞ!

 

そしてギターの腕前もなかなかお上手で…

切れの良いカッティングからディストーションサウンドまで

ライブでも高いレベルで演奏していますね。

 

完全に偏見ですが(女性でギターを弾いている方には申し訳ないですが)

何となく女性がギターを弾いている姿は何か無理をしているように見えることが多く

(小さな手を目いっぱい使ってコード抑えようとする姿がそう思わせるのかな??)

好意的に見えていませんでした。

(一方、女性ベーシストはフェチを自認するほど好きです。

スマパンのダーシー然り、ジェフ・ベックのバンドにいたタルちゃん然り。。。)

そんな自分にも、St. Vincentがギターを弾いている姿は

かっこよく、かつ妖艶に見えているので、

この人の腕は間違いないでしょう。(どんな基準だ 笑)

 

そうそう、St. Vincentのサポートメンバーには日本人の方が入っているのですね。

Toko Yasuda(トーコ・ヤスダ)さんというそうです。

海外の一線級で活躍するアーティストに抜擢される日本人女性プレイヤー。。。

すばらしいですね、今度じっくり調べてみたいと思います!!

 

ちなみに

St. Vincentは今年のサマソニにくるそうですね!

特に8/19の東京はBeckとSt. Vincentが同日に見れるという天変地異!!

ちょっとこれはフェス嫌いな自分も行くかもしれないですね~

楽しみです!!

AppleMusicのアーティストページは以下のリンクからどうぞ



音楽カテゴリの最新記事