覚えておきたい代表的なスパイスとその健康効果!おススメのレシピ本も。

覚えておきたい代表的なスパイスとその健康効果!おススメのレシピ本も。

はじめに

皆さんはふだんスパイスってどのくらい意識していますか?

よく料理をする人なら調味料としてふだんから使っているかもしれません。

ただ、スパイスが家に置いてあるといっても、単に「レシピ本に書いてあったから買ってみた」という人も多いのではないでしょうか?

 

私の話をさせて頂くと、私はかなりスパイスを消費している人間だと思います。

台所にスパイスの瓶がありすぎて、部屋を訪れた友人からは国籍を疑われるほどです。

代表的なスパイスは通販で購入して常備しておき、家で料理をする時は隙があればスパイスをいれるようにしています。

もちろん調味料としてという意図もあるのですが、主な目的はスパイスの健康効果を狙ってのものです。

 

例えば、週末の職場の飲み会で調子に乗ってアホみたいに飲んでしまったって日ありますよね。

そんな日の翌日は、二日酔いで胃はムカムカする食欲は出ないわ、最悪ほぼ一日寝込んで休日を棒に振るなんてこともあるでしょう。

 

僕はそんなときは、胃や肝臓に効果があるスパイスをふんだんに使ったスープを作ります。

具は玉ねぎとキャベツくらいのハイパーシンプルなスープです。

でもこのスープを飲むと、まるで内臓が活力を取り戻しているのが音を立ててわかるくらい、体力が回復するのを実感できるんです!(マジです。)

こんな感じで、僕はスパイスの効果を身をもって実感しているわけなんです。

 

どうです?ちょっとはスパイスに興味がでてきましたか?

この記事では代表的なスパイスとその健康効果について紹介します。

スパイスに興味がある人は読み進めてみてくださいね。

 

代表的なスパイスとその健康効果

ブラックペッパー

はい、最早語ることのないくらい身近なスパイスの王様、ブラックペッパーです。

金や銀と同等に扱われていた時代もあるくらい、歴史的にも非常に重要な意味を持っています。

そんなブラックペッパーには以下のような健康効果があります。

  • 胃酸の分泌を促すことによる消化の促進
  • 食品の栄養吸収の効率化
  • 脂肪分解を促すことによるダイエット効果
  • 血流をよくすることによる冷え症改善
  • セロトニンとエンドルフィンの分泌を促進することによる精神の安定化

健康にありがたい効果ばっかりですね!

 

料理に使うならミルつきのやつがおススメです。

使う直前にゴリゴリとブラックペッパーの粒を挽くと、香りも風味も段違いにはっきりわかるので良いですよ!

 

クミン

いわゆるカレーのにおいの正体はこいつです。

 

何か炒め物に入れてカレー風味を足すのもよしですが、醤油や味噌との相性も意外といいので和食にこっそり入れてみるのもよしです。

例えば、肉じゃが

具材を炒める前に、油でクミンシードを軽く炒めてから作ると、いつもの肉じゃがとは一風違った風味を楽しめますよ!

同じ要領で他の料理に応用してみても良いでしょう。

 

健康効果も抜群で、

  • 消化器官を活性化させることによる便秘の解消
  • 貧血の予防・改善
  • 免疫力の強化による病気の予防
  • 抗酸化物質によるアンチエイジング
  • 脂肪燃焼によるダイエット効果

などなど。

他にも太字ではちょっと書きにくいですが、亜鉛やカリウムが豊富に含まれるため精力の強化という効果もあります。大事ですよね。

 

ちなみにクミンは粉状のクミンパウダーかやや大きめの粒状のクミンシード(ホールタイプとも)という形で販売されています。

料理にちょっと足して使う場合にはクミンパウダー、カレーをスパイスから作る場合などにはスタータースパイスとしてクミンシードが使われます。

カレーにも通常入っているメジャーなスパイスです。

しかし、その正体がファンとアンチが別れる個性派ハーブ、パクチーちゃんの種ということは意外と知られていないのでは?

その香りはパクチーのものとは異なり、オレンジのような柑橘系の香りがします。

葉っぱと種で呼び名が違うというわけではなく、パクチー(タイ語)のことを英語圏ではコリアンダーというだけの違いです。ちなみに中国語では「香菜(シャンツァイ)」と呼びます。

 

日本では葉っぱはパクチー、スパイスとして使うのはコリアンダーみたいな感じで呼び分けられていますね。

 

料理への応用も幅広く、意外なところだとソース系の料理を相性がよいです。

例えば、ソース焼きそばにコリアンダーのパウダーを少し加えるとエスニック風の新しい焼きそばを楽しむことができます、

 

では健康効果を見ていきましょう。

  • 健胃・整腸作用による消化不良対策
  • 体中の毒素の排出を促進するデトックス作用
  • 抗菌・殺菌作用による食中毒防止
  • 抗酸化物質によるアンチエイジング
  • 睡眠障害の緩和

などなど。

“葉っぱのパクチー”の方が取り上げられることが多いですが、種でるコリアンダーも同様においしい健康効果が期待できます!

カレーに入れるのはもちろんですが、炒め物やスープに入れると爽やかな香りエスニック感が手軽にプラスできます。

クミン同様パウダータイプとホールタイプがあるので用途に合わせて使い分けましょう。

 

黒コショウはスパイスの王様と呼ばれますが、一方このカルダモンはスパイスの女王と呼ばれています。

特徴はその爽やかで特徴的な香りです。表現が難しいですが、レモンのような、ユーカリのようなクセになる香りです。オリエンタルな香りなんて表現もされます。

カレー以外に使う場合は、肉や魚料理に香り付けとして用いるとよいです。

また、チャイを作る時にも欠かせません。

ただ、香りがかなり強いので、使うときは少量から使いましょう。

 

また、インドではコーヒーにカルダモンを加えたカルダモンコーヒーなるものも存在します!

ホールタイプのカルダモンを用いるレシピもありますが、手軽なのはパウダータイプのカルダモン用いてドリップする方法です。

コーヒーフィルターにコーヒー粉を入れる前に、ペーパーにカルダモンパウダーを少量入れてからコーヒー粉を入れ、あとは通常どおりにドリップするだけです。

(コーヒーメーカーを使うとプラスチック製の器具にカルダモンの匂いが残りやすいので、陶器や金属製のドリッパーを用いてハンドドリップするのが個人的にはおススメです。)

 

カルダモンの健康効果です。

  • 消化器官の機能改善
  • 精神安定効果
  • 脳の活性化による集中力改善

などなど。

カルダモンもパウダータイプとホールタイプがあります。

使い分けはクミンなどと同様ですが、カルダモンの場合はホールタイプのものを噛み砕いて食べるという摂取の仕方もあり、インドでは口臭予防としてカルダモンの種を噛み砕くという使い方があるそうです。

 

 

ターメリック

いわゆるウコンです。

二日酔い対策の商品なんか使われているのが有名ですね。

カレーの黄色い色はこのウコンによるものです。

カレーに入れるだけでなく、お米と合わせてターメリックライスにしてみたり、野菜を炒めるときに入れてみたりなど。パエリアなんかにもターメリックが使われています。

健康効果としては、ポリフェノールの一種であるクルクミンという成分による効果が大きいです。

  • 肝機能向上効果による肝臓の解毒作用の強化
  • 胆汁分泌促進による二日酔い防止
  • 食欲増進効果
  • 抗酸化作用による血流の改善
  • 脳機能改善によるアルツハイマー病予防
  • 腸内環境の整備や血流改善による美容効果

などなど。

二日酔い対策だけではないですね!

ただし、肝機能障害をもつ方は、症状を悪化させる可能性があるため、大量な摂取はしないよう気を付けてください。不安になったら医師に相談しましょう

 

オールスパイスって聴くと、「色んな種類のスパイスが入ってる感じ?」と思ってしまうかもしれませんが、実は立派な一つのスパイスなんですね。

香りが特徴的で、ナツメグ、シナモン、クローブの香りを楽しむことができます。

肉料理から菓子類にも使われる万能選手ですので、あまりシーンを選ばずに使うことができます。

特に鶏肉と相性が良いことで知られていますので積極的に合わせたいですね!

 

効能としては、香りによるものも大きいとされています

  • 香りによるリラックス、ストレス解消効果
  • 消化不良対策
  • 抗菌作用

などなどです。

その香りによる効能からポプリや入浴剤なんかとして使われることもあるようです。

 

日本人は食事にスパイスを使う文化がないため、スパイスをどう料理に組み込めばいいかわかりませんよね。

そこでおススメのレシピ集が「SPICE CAFEのスパイス料理―日々のおかずと、とっておきカレー」です。

押上にある超人気スパイス料理店『SPICE CAFE』監修のレシピ集です。

日本で人気のお店が出していることもあり、日本人の味覚に合うようにアレンジしたレシピとなっているとのことです。

これを読めば食材とスパイスの相性の基本がわかるようになり、自分なりのスパイス料理のアイデアも浮かぶようになります。

 

あと、スパイスの健康効果が欲しいときに、僕個人がよく作るのが超お手軽スパイススープです。

単にコンソメスープに摂りたいスパイスを加えるだけなので、大げさな料理はめんどうだというときはスープがおススメです。

コンソメだけじゃなく、和風だしや中華スープに加えても面白いですよ。

 

いかがでしたか?

いや~、どうでしたかね。

スパイスの健康効果に興味をもって頂けたでしょうか?

料理の味を良くしてくれ、更には健康効果ももたらしてくれるという自然の恵み。

生活にうまく取り入れていきましょう!





















生活カテゴリの最新記事