ブルーベリーだけじゃない、おススメのベリーたち。美味しいジャムの通販も。

ブルーベリーだけじゃない、おススメのベリーたち。美味しいジャムの通販も。

お疲れ様です。ZATTAブログです。

今日、昼食を食べていた飲食店でレベッカの「RASPBERRY DREAM」を聞いてしまい、
どうしてもベリーについて書きたい気持ちが抑えきれなくなってしまいました…

パンに塗ったり、紅茶に入れたり、小さな頃から馴染みのあるであろうベリーですが、皆さんはブルーベリー以外にどれだけのベリーを知っていますか?
ストロベリー、ラズベリー、クランベリー…、大体よく耳にするのはこれくらいですよね?

実は下手にベリーといってしまうと、植物学的には↓の引用の説明のように、かなり広義な分類となってしまいます。

植物学用語として berryは漿果と訳され,トマト,キュウリなどが含まれるが,分類学的にはまったく無縁な別植物でありながら,食用になる小さな球形の多肉果をつけることで,「…ベリー」と呼ばれる植物がある。バラ科のストロベリー,ブラックベリー,ラズベリー (→イチゴ〈苺〉 , キイチゴ〈木苺〉。これらの果実は集合果) ,ユキノシタ科のグーズベリー (→スグリ〈酸塊〉 ) ,ツツジ科のクランベリー (→ツルコケモモ〈蔓苔桃〉 ) ,ブルーベリーなどがそれである。ブルーベリーは,狭義にはハイブッシュベリー (ヌマスギ) Vaccinium corymbosumをさすが,ヨーロッパ産のビルベリー V. myrtillusや日本産のアサマブドウ (クロマメノキ) V. uliginosaなども,北アメリカ原産のローブルベリー V. pennsylvanicumなど二十数種と一緒に広義のブルーベリーとされる。果実は,いずれも,果汁に富んで甘くやや酸味を帯び,生食されるほか,ジュース,ジャム,缶詰にもされる。品種の分化はまだ低い。日本での栽培は,北海道・東北地方に適する。

出典;コトバンク

トマトとかキュウリとかの、およそベリーと言うには似つかわしくない植物もベリー類に含まれてしまうということですね!

 

面倒なので今回は、ベリーと聞いて想像するベリー達に限定して紹介しますね 笑

 

ブルーベリー

まずは王道、ブルーベリー。植物学的にはツツジ科にあたります。

栄養食品としても利用されたりと、馴染みの深いベリーでしょう!

その育てやすさから家庭で育てられることも多く、家庭菜園の入門編として栽培を始めてみるのもいいでしょう!

おすすめのジャムはこちらです。

 

砂糖、保存料、着色料を使用しない、「オールフルーツ」を追求するフランスのメーカー「サン・ダルフォー」。

自然のブルーベリーの旨味を凝縮したような一品!

「砂糖使わないなんて味気ないんじゃないの?」なんて思うかもしれませんが、この商品の糖度は約52度と砂糖を使用しているブルーベリージャムと同程度であり、自然の甘さが存分に味わえます!

これはちょっと感動的な美味しさですよ。

アントシアニンを豊富に含むワイルドブルーベリーのみを使用しているとのことです。

 

ラズベリー

ラズベリーも有名なベリーですよね!植物学的にはバラ科にあたります。

フランス語では「フランポワーズ」と言います。こちらの呼び名で知ってる人もいるかもしれませんね。

ラズベリーパイなどのお菓子として使用される他、欧米では肉料理に使うソースにもラズベリーを使うことがあります!

日本のレストランでラズベリーソースがけのステーキを食べたことがありますが、甘みと酸味が肉の旨味をめちゃくちゃに引き出して、最高に美味しいんですよね!

それではおススメのジャムです。

 

英国王室御用達の高級ジャムメーカーとして有名なウィルキン&サンズ社が提供するジャムブランド「Tiptree(チップトリー)」。

こちらのジャムの特徴はなんといってもその糖度です!

約67度を誇るその糖度は一口食べただけで脳に電流が走るかのよう。(いい意味で 笑)

甘ったるいことは決してなく、ラズベリーの強い酸味とバランスがとれています!

スコーンと紅茶に合わせて、英国的なティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ハスカップ

あまり馴染みがないかもしれません、ハスカップ。

実は北海道の特産品で、ハスカップという名前もアイヌの言葉で「枝のうえにたくさんなるもの」というハスカブという言葉に由来しているそうです。

残念ながら、傷むのが非常に早いことから生のハスカップはあまり流通していません。

その分、ジャムなどの加工品を楽しみましょう。

おススメのジャムはこちら。

 

北海道は富良野で生まれたジャム。

水を加えずに素材の水分だけで仕上げられており、めちゃくちゃに濃厚です!

「ハスカップってこんなに美味しいんだ!」ということを教えてくれたジャムです。

 

そしてハスカップといえば、こちらも忘れてはなりません。

 

そう、「ハスカップジュエリー」。

ハスカップジャムをバタークリームと共に薄焼きクッキーでサンドした、愛しに愛されまくられるロングセラー商品です!

個人的北海道のお土産でもらいたいお菓子ランキング1位です。

 

そして、生のハスカップを食べたいなと思った方は、売ってないのなら自分で作れというDIY精神で自分で栽培してみるのがいいかもしれません。

比較的寒冷な地域では特に育てやすいようです!

 

ブラックベリー

 

ラズベリーと同じく、植物学的にはバラ科にあたります。

ベリー類の中でも酸味が強く、ビタミンCが多いことが特徴です!

おススメするジャムはこちら!

 

なんとこちらは野村醸造さんという茨城県の蔵元が生産しているジャム(コンフィチュール)です!

日本酒とジャム、なかなか結び付かない組み合わせですが、このジャムの特徴はなんといってもその”濃ゆさ”!

ブラックベリーの風味をぎっしりと味わうことができます!

 

・おまけ:ベリーにまつわる音楽

ベリーから連想されるイメージからなのか、有名なアーティスト名、曲名に用いられていることもあります。

完全に思いつきですが、ここでは”ベリー”が用いられている音楽を紹介します 笑

 

・Cloudberry Jam “WALKING IN MY SLEEP”

ピチカート・ファイヴフリッパーズ・ギターに代表される渋谷系と呼ばれる音楽の源流となったとも言われる90年代のスウェディッシュポップ。

そんなシーンをカーディガンズなどとともに牽引したのがこのクラウドベリージャムです!

もう解散してしまいましたが、日本ではGARNET CROWのソングメイカー・中村由利さんがお気に入りバンドとして挙げていました。

(GARNET CROW復活してほしい 笑)

とっても爽やかでオシャレな曲が多く、天気のいい日のドライブで流したいような音楽です。

 

ちなみにクラウドベリーは日本語ではホロムイイチゴといい、バラ科のベリーとなります。

 

・REBECCA  “RASPBERRY DREAM”

日本での女性ボーカルバンドの先駆け、REBECCA。

元ジュディマリのYUKIさんなんかも大好きなバンドに挙げていますね。

この記事でも紹介したラズベリーを曲名に関したこの“RASPBERRY DREAM”。

RASPBERRY DREAM – REBECCAをiTunesStoreで購入する


80年代の日本でこの音を鳴らしていたってのはすごい…笑

私はまだ生まれておりません!

 

・NONA REEVES  “BLACKBERRY JAM”

オシャレ感溢れるポップスを提供し続けてくれるNONA REEVES。

2016年に発売されたアルバム「BLACKBERRY JAM」からはタイトル曲をご紹介。

BLACKBERRY JAM – Nona ReevesをiTunesStoreで購入する

このギターリフ、まさに”刺さる”ような感じで頭から離れませんよね 笑

 

いかがでしたか?

様々なベリーから、脱線してベリーにまつわる音楽までご紹介してしまいました。

栄養も豊富で味も美味な自然の恵み、ベリーはうまく生活に取り入れたいですね!

紹介した音楽はティータイムのお供にでも聞いていただければとおもいます!



生活カテゴリの最新記事