Annette Peacock「 X-Dreams」(1978)

Annette Peacock「 X-Dreams」(1978)

・活動期間:1960年台後半~

・出身:アメリカ(ニューヨーク)

イエス」「キング・クリムゾン」「ジェネシス」と、超ビッグなプログレバンドに在籍したビル・ブルーフォードのソロ作「Feels Good to Me」に参加したことが有名なAnnette Peacock。

ジャズロック的な演奏と、歌っているというより語りかけてくる系のボーカルが特徴。

デビッド・ボウイとの仕事で有名なミック・ロンソンも参加。

前述のビル・ブルーフォードもドラムとして参加しています。(おそらく2曲目の「Real & Defined Androgens」だけ。)

 

2.Real & Defined Androgens

 

6.This Feel Within

泣きのギターソロが最高!

 

・CD(レコードが見つからず…)

 





Jazzカテゴリの最新記事