禁酒はしたくない!でもお酒の量を減らしたい人はホッピー”だけ”がおススメ!!

禁酒はしたくない!でもお酒の量を減らしたい人はホッピー”だけ”がおススメ!!

お疲れ様です、ZATTAブログです。

この季節、サラリーマンやOLの皆様の中には会社の健康診断の結果が返ってきた!!という方も多いのではないでしょうか!

去年と比べて体重が増えた尿酸値が上がった肝臓系の数字が上がったなど、筆者の周りでも多くの悲鳴が聞こえてきました。

特に毎日晩酌を行っているような方は、お酒の量を減らすようにとの通告を受けた方もいるでしょう。

そんな、晩酌は辛い一日を乗り切った自分へのご褒美なのに!それさえも奪われてしまうのか!!」と絶望してしまいそうですが、そんな方におススメの飲み物があります。

もうお分かりかと思いますが、そう「ホッピー」です。

 

ホッピーとは?

ホッピーとはホッピービバレッジ株式会社が製造しているビアテイスト清涼飲料水です。

基本的には焼酎をホッピーで割って楽しむものです。

もともとはまだビールが高価だった時代に、安い焼酎を割ってビールっぽい味にすることを目的に作られ、結果として爆発的な人気を得ました。

ビールが身近になった現代においても、ホッピーは主に大衆居酒屋を中心に楽しまれており、自分も含めそのファンは多いです。

こんな感じの旗が掲げられている居酒屋を見たことがあるのではないでしょうか?

こんな旗が掲げられていると、私のようなホッピーファンはその店に吸い込まれてしまうわけです。

 

なんで健康にホッピーがおススメなの?

話を健康の話に戻します。

私が健康診断でお酒にまつわる生活習慣の改善命令を受けた方々に提言するのは「ふだんの晩酌を焼酎なしの、ホッピーだけにする」ということです。

※ここでふだんの晩酌といっているのは平日の家庭での夕飯時などのことです。お酒を完全に絶つように医師から言われているのでなければ、土日や飲み会の席などは通常どおりお酒を飲んでいいと思います。

ホッピーの素晴らしい特徴として、以下が挙げられます。(公式HPから引用)

・低カロリー

ホッピーは約11キロカロリー/100mlでビールの約1/4。黒ホッピーは約12キロカロリー/100ml。焼酎(70ml)で割っても、ビールの約3/4。

・低糖質

糖質ダイエットの強い味方!糖質は約1.7g/100ml、黒ホッピーは約1.9g/100ml。

・プリン体ゼロ

焼酎で割ってもゼロ!プリン体の大量摂取は痛風や高尿酸血症の原因になるといわれています。

そう、生活習慣病の敵と言われる糖質やプリン体が抑えられているのです。

焼酎を割ってもビールと比べるとダイエット向きであることがわかります。

 

しかし、肝臓の数値が悪く、そもそもアルコール自体を減らさなければならない方は、焼酎をホッピーで割る通常の飲み方も避けなければなりません。

そんな方におススメなのが、ホッピーだけで飲むということ。

ビール同様にホップや麦芽を用いているビアテイスト清涼飲料水というだけあって、ホッピー単体で飲んでもビールを飲んでる感はかなり味わえます。

もともと焼酎を割る前提だからなのか、ホッピー単体でもホップや麦芽の風味はかなり強く感じられます。

 

ただ、清涼飲料水といいつつも約0.8%のアルコールが含まれているため完全な断酒とはならないことは気を付けてください。

それでもノンアルコールビールと同等程度なので気を付けるほどでもないかもしれませんが。

(※日本の法律では1%未満のアルコール度数ならお酒とならず、ノンアルコールを名乗ることができます。)

 

そして、コストパフォーマンス的にも優れています。

Amazonで買うと、この記事を書いている時点では24本で3016円で販売しています。一本あたりに換算するとジュースと同じくらいのコストでビールテイストを楽しむことができます。

 

以上をまとめると、ホッピー単体で飲めば「健康に気を使いつつ、アルコールもほぼ摂取せず、格安で、ビールを飲んでいる感覚を味わえる」ということです。

 

いかがでしたか?

ここまで記事を読んでみていかがでしたでしょうか?

健康診断で辛辣な結果が出たけどお酒をやめたくないよという方にとっては選択肢の一つとなるのではないでしょうか?

 

ただ、一つ言いたいのは、私は飲むお酒全てをホッピーに変えるべきと言っているわけではありません。

どうしても本物のビールでしか味わえない味というものがありますし、お酒を飲んでしか味わえない楽しさも絶対にあると思っています。

(そもそもビールを紹介するこんな記事を書くくらいビール好きです。)

ですので、私が提案したいのは、休肝日とする日はホッピーだけにして、それ以外の日は好きなお酒で楽しもうということです。

毎日ビールをガブガブ飲んでいるよりは健康診断の数値もよくなるはずですよ!

 

・黒ビールテイストの黒ホッピーもあります

お酒との付き合い方を考えたい方にはこちらの本がおススメです!

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。




お酒カテゴリの最新記事